スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一生に一度

先週、友人の結婚式に行ってきました。3歳からずっと仲の良かった友達だっただけに、彼のタキシード姿は非常に感慨深かったです。一生に一度の晴れ舞台、ビシッと決めてくれました!!

一生に一度といえば、私たち司法書士の主業務の1つに「不動産売買の立会」があります。多くの人にとって、不動産を売買するのは一生に一度の特別なイベントではないでしょうか・・・?

そんな重大なイベントを完全遂行するため、私たちは徹底的に事前準備をしなければなりません。不動産業者や金融機関、法務局や裁判所と綿密な打合せをし、あらゆる資料の一言一句を詳細にチェックします。取引の種類によっては、関係書類が数百枚なんてことも珍しくありません。

それでも決済当日に、司法書士が目立つことはありません。私はそれで良いと思っています。司法書士が決済当日に難しい法律用語を使ったり、バタバタと動き回ったりするということは、事前準備が不完全だったことを意味します。事前準備をおろそかにしても、その場で難解な法律用語を駆使してその場を切り抜ければ、いっけん存在感が増し、もしかしたら逆にお客様に感謝されてしまうかもしれません。

しかし一生に一度の特別なイベント、我々は事前準備に一切の妥協をせず、当日は笑顔を絶やさず、分かりやすい言葉で取引完了へと導きます。

もしかしたら、お客様のなかには「あの司法書士は決済当日も涼しい顔して座っていただけだったのに、高い報酬をもらって帰った」なんて思う方もいるかもしれません。

でも・・・そうではないのです。最後に私の好きなこんな言葉を。
「プロは、難しいことをですね単純にするんですよ。アマチュアは簡単なのを難しくする。うまい人っていうのは、こんな複雑な病変をあっというまに簡単にさーっと終われるのね。これプロなんです。」~心臓内科医・延吉正清~

山田
スポンサーサイト

「引越してないのに住所変更?」

平成22年5月12日をもちまして、当法人も2周年を迎えることが出来ました。皆様方の温かいご支援があったからこそだと思います。ありがとうございます。

さて、今回は住居表示制度の説明をしたいと思います。というのも、最近、私の住んでいる横浜市神奈川区の町も住居表示が実施されたからです。(ちなみに、私が子供の頃の町の写真です。)

lottle_mocchi



住居表示の実施とは、住居表示に関する法律に基づいて街をわかりやすくしたり、郵便物を配達しやすくすることを目的にした制度で、住民票の住所変更を国が職権で行います。例えば、○○町○○番地だった住所が○○町○○丁目○○番○○号と表示が変わります。

では、持っている不動産の所有者の住所も国が職権でやってくれるのかと言うと、そうではありません。その住居表示を実施した市や区が無料で発行する「住居表示実施証明書」というものをもらい、持っている不動産を管轄する法務局に「所有権登記名義人住所変更登記」という登記を申請してはじめて所有者の住所が変わります。

何か理不尽な気もしますが・・・・・。

「所有権登記名義人住所変更登記」を私どもの事務所でも代理手続き致しますので、お気軽にご相談下さい! 
                                     
                                               餅田
プロフィール

大橋恵子&パートナーズ

Author:大橋恵子&パートナーズ
横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2
TSプラザビル13階
フリーダイヤル 0120-558-084

公式サイト↓
司法書士法人大橋恵子&パートナーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。