スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抵当権抹消登記について

 こんにちは、餅田です。

 今回は、抵当権の抹消登記について書きたいと思います。

 銀行から融資を受けて住宅を購入するお客様は多いかと思います。
 一所懸命働いて、何年もかかって返済することになります。

 そして・・・

 毎月銀行にローンを返済し、やっとの思いで何十年後に完済して、これで全て終わったと安心していませんか?
 ローンを完済して銀行からいろいろな書類をもらったけれど、よくわからないから放置しておいたお客様はいませんか?

 実は銀行にローンを完済しただけでは、住宅に付いてる抵当権は消えません。その抵当権を抹消するためには、銀行から抵当権抹消書類をもらって、法務局で抹消登記申請をしないとならないのです。

 具体的な抵当権抹消書類は、以下のものが必要です。
・登記識別情報(又は登記済証)
・登記原因証明情報(弁済または解除の旨が書いてあるもの)
・銀行の委任状
・銀行の登記事項証明書(発行日から3ヶ月以内)
 不足書類については、金融機関や法務局から取り寄せ出来るものもあります。

 以上の書類をどこかに無くしてしまう前に、抵当権抹消登記を申請しておいた方が良いかと思います。

スポンサーサイト

ヤンキー先生

 先日、お仕事であの「ヤンキー先生」こと義家弘介自民党参議院議員にお目にかかる機会がありました。
 
 スマートな出で立ちで颯爽と現われたと思いきや、関係者ひとりひとりに気さくに、そして謙虚に挨拶をする姿に思わず目を奪われてしまいました。

 時間の都合上、わずかな時間しかお話しすることができませんでしたが、今の教育について、今の若者について、今の日本について・・・おっしゃる言葉は少なくてもなぜか胸が熱くなるのです。

 「何かを持っている人」というのは、きっとこういう人のことをいうのでしょう。

 そして「ヤンキー先生」は最後にこう言いました。

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」

 今まで嫌というほど言い聞かされてきたこの言葉、今日は素直に、そして気持ちよく自分の体に浸透していきました。

 今日という日を大切にしよう。「ヤンキー先生」の温かく力強い握手のぬくもりと共に・・・

  山田
プロフィール

大橋恵子&パートナーズ

Author:大橋恵子&パートナーズ
横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2
TSプラザビル13階
フリーダイヤル 0120-558-084

公式サイト↓
司法書士法人大橋恵子&パートナーズ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。